農業体験授業 脱穀2015

本日は天候にも恵まれ、農業体験授業は、いよいよ脱穀作業です。

千歯脱穀では、串のような鉄の歯の間に稲穂を入れて引っ張ると、お米の籾が下に落ちます。一度にたくさん脱穀しようと稲穂を多く入れて引っ張ると、うまく籾を取ることができません。脱穀するとブルーシートに籾がたくさん落ちていきます。足踏み式脱穀機では、ドラムの回転と足踏みの調子を合わせることが一番大切です。子供たちはコツをつかむのがとても上手でした。脱穀するとブルーシートに籾がたくさん落ちていきます。この籾一粒一粒にお米が入っています。手ですくうようにして集めて米袋に入れます。一粒を収穫することの大変さ、身をもって体験する子供たちの姿が印象的でした。

「いただきます」ふと忘れがちな古からの大切な訓え。改めて、かみしめて言葉を紡ぎたいと思う一日でした。お天道様そしてたくさんの笑顔を見せてくれた子供たち、今日はありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です